ヘルプ

著作物や著作者の権利とはどのようなものですか?

■著作物とは
著作物とは、法律では「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」と定義されています。
たとえば、テレビ番組・映画・音楽やラジオ番組等の音声を含んだ動画、写真、イラスト、小説・マンガなどが著作物にあたります。


■著作者の権利とは
著作物を創作すると、その著作物の著作者となります。たとえばデザインを作製した場合、作製した人がそのデザインの著作者となります。

著作者の権利には、精神的に傷つけられないための「著作者人格権」と、財産的利益を守るための「著作権(財産権)」があります。

著作者の権利は、著作物が創作された時点で自動的に付与されますので、はじめは著作物の創作者が著作権者です。その後、「著作権(財産権)」については譲渡されたり相続されたりして、創作者とは別の人が権利者となる場合があります。

カテゴリ:著作権等

問題は解決しましたか?
もしご不明な点がありましたらお問い合わせからどうぞ。

このページのトップへ